オンサイトセミナー
豊田孝の「IT談話館」 Windowsメモリフォレンジックを依頼する WinDbg

はじめに


 Windows 10の登場とともに、Windowsシステムコード自体がインターネット越しに随時更新される時代に入りました。更新にはユーザー空間とカーネル空間の変更を伴いますが、いろいろな事情から、カーネル空間へ加えられる変更の技術的な詳細は公開されないのが現実です。社内外のユーザーに「高度、かつ、安全」なサービスやサポートを提供する上では、ユーザー空間とカーネル空間へ加えられる変更点を調査・把握する技術を習得しておく必要があろうかと思います。

 本教材は、本「IT談話館」の一般公開記事「Windowsカーネル空間の診断と解析」に興味を覚えた技術職や技術営業職の方々を対象とし、次のようなメモリダンプ解析技術の基礎から実践までを取り上げています。  本「IT談話館」は、Windowsシステムの健康度を診断・解析する工程では、まず問題仮説を設定し、次にそれを独自コードで実証する手法を採用しています。仮説を実証する独自コードは、C/C++とMASMの文化を継承するスクリプト(WinDbg内部解析専用)言語で実装されます。本教材では、問題仮説の設定から実装・実証までを多数のサンプルコードを示しながら、実践的に解説しています。

 本教材レベルのWindowsメモリダンプ解析技術講座は、世界的にも、ほとんど存在しないと推察されます。本技術の習得には、時間と予算の投資が必要です。教材内には多数の教育用サンプル解析コードが用意されています。一つひとつのサンプルコードをご自分の手で実行されるとよろしいかと存じます。一つのサンプルコードが専門技術書一冊分の価値を持つこともございます。

 本教材の具体的な内容に関しましては、「目次」の参照をお願いいたします。

受講申し込み |  目次


サービスメニュー
Windowsクラッシュダンプ解析サービス 技術資料 WinDbg

Copyright©豊田孝 2004- 2017
本日は2017-10-21です。